×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

営業活動方法

営業活動で成果が出ていますか?景気がいいときは、どんな営業活動でも成果が出るのですが、景気が悪くなると、きちっと営業戦略を立てないと稼げないのです。それなのに多くの営業の人は、単に会社の営業戦略に元ずく活動をしても、自分なりの営業戦略を立てていないのです。効果の出る営業活動について考えてみましょう。

営業活動方法

営業活動で成果を上げていますか?

営業活動で成果を上げるためには、

自分にあった営業戦略が必要なのですが、

自分なりの営業戦略をあげている人は少ないのです。

営業で効果の上がる活動をするためには、

単に、営業活動報告書で活動内容を上司に報告するより、

きちっとした活動目的と上げたい成果をはっきりとさせるほうが、

営業成果を上げることができるのです。

営業活動の方法としては、まず、目的とする成果をはっきりとさせ、

その成果をどのように上げるかを考えないといけません。

成果をどう上げるかと言うことに注目すると、

どの商品やサービスをどれだけ販売しないといけないか、

利益を上げるためにはどうしないといけないかが見えてきます。

そうなると、どのように営業活動をしないといけないということが、

明確に見えてくるのですが、普通の人はここで止まってしまうのです。

でも、上げないといけないといけない成果がわかると、

それまでの経験からどのような営業活動をすれば、

どれだけの成果が上がるかと言うことが判るはずなのです。

営業活動で成果が上がらない人は、

ここまで考えていない人が多いのです。

営業について誤解されるのを覚悟でいうと、

営業活動で成果を上げると言うのは、

確率論なのです。

顧客に対し、何回買ってくださいと言ったかが重要なのです。

他の営業テクニックは、買ってくださいと言って、

そこから確率を上げるものなのです。

でもまずは、顧客に向かって買ってくださいということが、

実は一番重要な営業活動なのです。